無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Mukha

フォト

« 国府津駅前広場 | トップページ | 「福田内閣」メルマガ »

2008年1月 8日 (火)

「冨士屋商店」

200818  国府津の町に8日、ちょっとした衝撃が走った。「(株)冨士屋商店」の閉店謝恩セールの案内チラシが読売新聞に折り込まれていたからだ。明治21年(1888年)創業の老舗。明治、大正時代は衣料品、小間物、薬、メガネ、たばこ、化粧品などの販売とともに、旅館や待合、国鉄、役場などに食料品や酒、文具、トイレットペーパー等を納入し、百貨店のような役目を35していた。現在は、婦人服、肌着、学生衣料、化粧品等の小売と、事業所や工場、旅館、医院などにユニホームや白衣等を納めていた。

 国道一号線に面し、小田原市国府津商店街の特色である「看板Photo建築」の一翼を担っていた。後継者不足や周辺地域に進出した大型店舗の影響で、閉店が相次ぐ商店街にあって、料理旅館「国府津館」とともに、明治の面影を残す数少ない地元の老舗だった。冨士屋商店の店じまいは昨冬から決まっていたが、<公表>は年末年始が明けるのを待った。それだけに、数日前に閉店を知ったという商店仲間もおり、新聞折り込みを目にして驚いた住民が多かった。

 冨士屋商店経営の5代目・奥津弘高氏(56歳)は、平成14年から国府津商工振興会の第10代会長を務めている。国府津商工振興会が創立50周年を迎えた平成16年6月に記念誌「我がうぶすな」を発行した。そこに奥津会長は、「別荘の街・国府津 博士村・前川」を執筆した。明治から昭和の初めにかけて国府津と隣接の前川にあった別荘はざっと50軒。実にこまめに調べ、これまで小田原市がまとめた記録をはるかにしのぐPhoto_3内容だった。

 私は読売新聞社を退職し故郷・国府津に戻ってきた縁で、記念誌作りのお手伝いをした。この時、奥津氏はこう話していた。「別荘調査で古老の関係者宅に伺うと、『あぁ、冨士屋さんの息子さんですか』と言って、どこも快く迎えくれ、話してくれました。先祖のお陰と感謝しています」---と。新聞記者時代に相手の口をいかに開かせるのかに苦労した私にとって、奥津氏が「順調に取材を進められたのは先祖のお陰」と感謝する気持は十分に理解できた。奥津氏はその後も取材を深めて、昨年5月に「徳川慶喜公の散歩道」(夢工房)という著書を出版した。国府津にあった「大鳥別荘」に避寒のため、晩年滞在した慶喜公について書かれた「大鳥家別荘御滞在日誌」を読み解いた快作である。この取材にあたっても、いかに「冨士屋商店」の名前が力(ちから)になったかは、奥津氏の言葉を借りるまPhoto_2でもない。

 「國府津町優良商店 商賣繁栄雙六」という双六(すごろく)がある。国府津の商店を絵入りで紹介したもので、昭和初期に、商店街の歳末商戦の景品なり「おまけ」として作られたものと見られている。「振り出し」から「上がり」まで36コマあり、28コマ目と上がりが「冨士屋洋品店」となっている。双六は、国府津にあって、冨士屋商店の歴史と格を示す証拠の一つともいえる。

 創業120年間に及ぶ老舗・冨士屋商店の閉店は、個人的に寂しい限りだ。でも、「上がり」と思えば、気持も、ちょっと違う。営業は、今月、つまり1月31日限りだ。その後、当面は駐車場になると聞いている。

« 国府津駅前広場 | トップページ | 「福田内閣」メルマガ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「冨士屋商店」:

« 国府津駅前広場 | トップページ | 「福田内閣」メルマガ »