無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Mukha

フォト

« 戻ってきた賀状 | トップページ | 公的個人認証カード »

2008年1月 5日 (土)

「尾乗り子獅子」

Photo 日本参道狛犬研究会(三遊亭円丈会長、略称=狛研)の例会に、昨年、しばしば欠席した。年末の納会にも顔を出せなかった。会場が東京ということもあるが、狛研だけではなく、他の集まりにも義理を欠いた昨年後半の半年間だった。しかし、狛研の例会ごとに発行している会報「狛犬の杜」には、エッセイ「あ∞うん」を休まずに掲載している。以下は、第63号(2007年12月19日発行)に掲載された、題して「尾乗り子獅子」の再掲である。

      

Photo_2

阿像も吽像も共に子獅子を抱えている。阿像には左前足の上に一頭、さらに尾の上に一頭いる。尾乗りの子獅子を見るのは、私は初めてである。「大久保神社」(小田原市城山三丁目)。小田原城から二百メートルほど西へ行った樹叢の中にある。奉納は「明治廿九年三月三日」、「魚共同」と台座に刻字されている。石工の名前は見当たらない。<尾乗り子獅子>は顔が欠けていた。一目見た時、痛々しさと同時に、怒りを覚えた。いたずらによるものだ。

この狛犬に会えたのは、大久保神社を訪れること三回目。間口二メートル足らずの入り口に鉄格子がある。神社は無人で、普段は錠がかかっているからだ。鉄格子のすき間から吽像の姿が見えるだけで、外からは狛犬の全体像がわからない。「おだわらシルバー大学」の研修で今秋初めて中に入った。大久保神社は小田原初代藩主・大久保忠世と十一代藩主・大久保忠真を祀ったこじんまりした神社。数年前までは開放されていたが、神社等へのいたずらが絶えないために入り口を閉めたという。顔を削られた子獅子がそれを証明している。

神社にいたのはわずか十分間。再訪して詳しく調べたい。子獅子には兄弟がいる。なんとか顔を復元できないものか、と思っている----

« 戻ってきた賀状 | トップページ | 公的個人認証カード »

コメント

いつも お世話になっておりますm(__)m

予言書を発見しました、

見ていただけると光栄です。

日月地神示、大日月地神示、続 大日月地神示

①http://kisu.me/Lk4

②https://goo.gl/kaebxD

③このブログは途中から大日月地神示のより分け

http://ogy.de/09bp

④http://ogy.de/gpyx

⑤http://ogy.de/beg7

⑥日本にしかない!貴重な予言書 一覧

http://kisu.me/Sj9

⑦このブログで絶対に見てほしい!厳選動画

http://kisu.me/NuD

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「尾乗り子獅子」:

« 戻ってきた賀状 | トップページ | 公的個人認証カード »