無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Mukha

フォト

« 「日新丸」火災 IWC会合 | トップページ | カトマンズ 62年ぶりの雪 »

2007年2月17日 (土)

ユニバーサルサービス料

  電話料金詐欺に注意しろ---。「ケーブルプラス電話ご利用のお客様へ」ユニバーサルサービス料に関する「振り込め詐欺」についてのご注意---とのタイトルのもとに、JCN小田原「小田原ケーブルテレビ」から2月15日付けで、詐欺への注意を促すメールが届いた。総務省から委託を受けていると称して、「ユニバーサルサービス制度が開始されたので、ユニバーサルサービ432408096801ス料を6か月分まとめて振り込め」といった内容で、個人、法人の電話や電子メールに送り付けられているという。総務省や関係機関の(社)電気通信事業者協会は、「ユニバーサルサービス料金を、お客様に対して特定口座へ入金するような委託を行っている事実はなく、そのような案内を送付することもございません」---と、合わせて注意を喚起している。

   「小田原ケーブルテレビ」によると、「ケーブルプラス電話を弊社と直接ご契約されているお客様には、2007年1月ご利用分から、毎月の請求書に『ユニバーサルサービス料』のご負担をお願いしております。なお、負担金全額を本サービスの業務支援機関である電気通信事業者協会(TCA)に納めます」と、書かれており、メールに<ユニバーサルサービス制度について(KDDI)>と<ユニバーサル制度に係るいわゆる「振り込め詐欺」事案について[総務省]>の関連リンクが貼ってあった。---私は、この制度のことを知らなかった。我が家に、(振り込めの)電話があったのだろうか。私以外の者にメールが入っているのだろうか。そもそも、私の電話や我が家の電話(いずれもNTT)が、「ユニバーサルサービス制度」に関係しているのだろうか。何ともお粗末な私である。

 全国どこでも公平に利用できる「加入電話」「公衆電話」「緊急電話(110番、118番、119番)」等を皆で支える新しい仕組みが「ユニバーサルサービス制度」。現在、NTT東日本・西日本が提供している日本全国利用可能な電話サービスは、携帯電話やIP電話の普及および電話サービスの競争にともない通話料金が大幅に安くなった。一方、一部地域等でユニバーサルサービスに必要な費用が不足することになったため、他の電話会社(50数社)も協力して必要経費を負担することになった。この費用は最終的には利用者の電話料金にかかってくる。負担額は、昨年11月22日付けで申請通り総務大臣の認可を受けた。各電話会社は各社の電話番号数に応じた額を負担し、1番号当たりの負担額(番号単価)は電気通信事業者協会が法律で規定する公正な方法により算定する。今年1月~6月までの間の番号単価は7円/月となっている。----大変雑駁(ざっぱく)だが、「ユニバーサルサービス制度」と料金は、案内チラシによると上記の話に集約される。今度、(銀行引き落としだが)請求書が届いたら確認してみよう。

  それにしても思うのは「詐欺犯」のこと。よく まぁ、こう知恵がまわるものだ。「お金の支払いには、相手を十分に調べて、確認するように」と、警察では何回も繰り返して警告しており、金融機関の窓口にも注意書きが掲示されている。「本人」達もそれなりに自覚しているはずだが、それでも被害に遭う。その手口の巧妙さが、詐欺師の詐欺師たるゆえんであろう。被害防止の手立てはないものか---。

« 「日新丸」火災 IWC会合 | トップページ | カトマンズ 62年ぶりの雪 »

コメント

1月分の電話料金請求書の内訳を見ると、<ユニバーサルサービス料>は、「NTT東日本利用分」「NTTコミュニケーションズ」のいずれにも書いていない。しかし、「NTT DoCoMo(FOMA)」には、「7円」と明記されていた。明細の内訳にたまには目を通すことにしよう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユニバーサルサービス料:

« 「日新丸」火災 IWC会合 | トップページ | カトマンズ 62年ぶりの雪 »