無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Mukha

フォト

« タクシー料金 2題 | トップページ | ユニバーサルサービス料 »

2007年2月16日 (金)

「日新丸」火災 IWC会合

Gpandseaimg21  南氷洋でクジラ資源調査中の母船「日新丸」(小川知之船長=乗組員148人、8030㌧)で火災---15日朝のNHK・TVニュースが伝えた。一週間前には環境保護団体シー・シェパードの「ロバート・ハンター号」から発煙弾などが投げ込まれNisshinmaru3_1 て「調査活動」が妨害されたり、鯨類目視専用船「海幸丸」(860㌧)が体当たりされたばかり(写真=右上)。報道によると、火災発生時間は日本時間の15日午前0時30分ごろ。出火元はクジラを解体加工して箱詰めする工場区画付近とみられている。船内には煙が充満しているが沈没の恐れはないという。乗組員は消火活動にあたる31人を残して調査船団の3隻の船に乗り移ったが、一人が行方不明になっている。環境保護団体と火災は関係なさそうで、行方不明者は船内に取り残されたか、海に転落したかはわからない。乗組Nissin_youmoku員の身の安全と一刻もはやい鎮火を祈るばかりだ。

  今回の調査団は「2006/2007年南極海鯨類捕獲調査船団」(西脇茂利調査団長)と呼ばれ、昨年11月15日に下関市の下関港を出港した。鯨類を中心とする南極海生態系のモニタリング、資源管理方式の改善を目的に、今年4月中旬までに南Bridge2_1緯60度以南の南氷洋(東経130度~西経145度)での目視調査とともに、「クロミンククジラ」850頭±10%と「ナガスクジラ」10頭の捕獲を予定している。国際捕鯨取締条約に基づき、日本政府の許可のもとに(財)日本鯨類研究所が実施している。船団は、調査母船「日新丸」、調査標本採集船「第2勇進丸」「勇進丸」「第1京丸」と目視専門船「第2共新丸」「海幸丸」の計6隻で編成されている。

  「日新丸」は1987年(昭和62年12月)に、それまでの「第三日新丸」(2万Bridge13406㌧ 昭和36年から捕鯨母船)に代わって新造された。私は「第三日新丸」に乗船して1979/1980年の南氷洋捕鯨に同行取材した。「日新丸」は建造当初からなじみが深く、船団の送迎にはよく顔を出していた。この「日新丸」で1998年Sensou4(平成10年)11月19日に火災があった。第12次調査捕鯨のために南氷洋へ向かう途中だった。完全鎮火まで5日間。鎮火後、日本で修理して翌1999年1月に再出港した。調査は無事に果たしたが、この間、「消火作業中に甲板部員一人が自殺し、また、反捕鯨団体の船舶が母船の周囲を回る」(水産庁プレスリリース・平成10年11月25日)など、妨害の動きがあった。こうした事情が過去にUpper2あっただけに、「日新丸」火災のニュースには非常に驚いた。関係者に話を 聞いたが、今は消火活動の真っ最中。ミンククジラは約300頭、ナガスクジラの捕獲もまだ残されているという。行方不 明者の捜索も急がれる。今はまだ、今後どうするかを検討する段階ではない。乗組員には知人もおり、私の住む小田原の若者も乗船している。私としては、今は黙って見守り、無事を祈るSensou1_1しかない----。

  南氷洋から「日新丸」をめぐる動きが伝えられる中、「IWC(国際捕鯨委員会)正常化会合」が2月13日~15日の3日間、加盟35か国が参加して東京で開かれた。捕鯨容認国と反捕鯨国が対立して膠着(こうちゃく)状態に陥っているIWCの機能を正常化しようというのが狙いで、外部意見の採用などを勧告する報告書を15日にまとめた。報告書は、両派の歩み寄りに向け「①多数決で結論を出すことを避ける②IWC加盟国間で合意できない問題があれば外部の意見を求める③文化の多様性を尊重する---などを提言、5月に米アンカレッジで開かれるIWC年次総会に提出される(「asahi.com」「NHKニュース」)。IWCの加盟国は72か国。ほとんどの反捕鯨国が会合に顔を見せていなかっただけに、報告書が対立解消の糸口になるかは不透明とも言われている。

  クジラ関係のニュースから、当分、目を離せない。

« タクシー料金 2題 | トップページ | ユニバーサルサービス料 »

コメント

「日新丸」の火災は16日に鎮火した。避難時に行方不明になっていた共同船舶(株)の牧田和孝製造員(27)は17日午前5時20分、火災現場を捜索していた乗組員により遺体で発見された。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日新丸」火災 IWC会合:

« タクシー料金 2題 | トップページ | ユニバーサルサービス料 »