無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Mukha

フォト

« ユニバーサルサービス料 | トップページ | 土筆(つくし)御膳 »

2007年2月18日 (日)

カトマンズ 62年ぶりの雪

  ネパールから2本のメールが入った。久しぶりの降雪の情報と、結婚式へNp_temperature_01の招待である。

  雪の便りは15日付け。日本語の通訳やガイドをしている友人。「カトマンズは雪で騒いでいます。バレンタインデーの14日に降りました。なんと、カトマンズの町では62年ぶりの雪です。父が一歳の時です。雪は床に落ちると水になってしまいますPhoto_591が、雪は各地に降り、盆地の山は真っ白です。今でも見えています。若い人達はバイクや車であちらこちらに行ってます。新聞、ラジオ、テレビでは雪のニュースばかりです。今、ヒーターをつけてメールをしています。このお天気は明日まで続くそうです。東京は雪が降りましたか---」。エベレストに代表されるヒマラヤの山々をイメージする者には意外な感じがするかもしれない。ネパールにはジャングルもありトラもいる。雪に、マスコミが大騒ぎするのもわかる気がすPhoto_592る。

  結婚式の案内を送ってくれたのは、ビノッド・サキヤ氏(25歳)。このブログに何回も登場している石仏作家のダルマ・ラジ・サキヤ氏(33歳)の弟。式は25日~26日に行われる。私は残念ながら出席できない。白内障手術の後の養生のためである。サキヤ兄弟は5年前にPhoto_593東京・晴海で開かれた石造展のために来日した。私は石造展で兄弟と知り合い、2年前にカトマンズで行われたダルマ氏の結婚式に参列した。その時、サキヤ家に何回もお邪魔し、また、パーティーでビノッド氏のフィアンセを紹介された。「ビノッド氏の結婚式にPhoto_594も参列するからね」と約束したPhoto_590のだが---本当に残念だ。

  ビノッド氏(写真=左)は4人兄弟の末っ子、姉が一人いる。大学では 経営学を専攻し、石仏作家一家の実質的マネージャー。兄達の助手として石を彫ることも多い。ダルマPhoto_595氏の結婚式は4日間にわたって行われた。長男、つまりダルマ氏と次男の結婚式が同じ日で、披露宴というかパーティーも一緒。パーティーといえば、花嫁側も独自に開き、こちらは3姉妹(挙式は以前に行Photo_596っていた)が一緒だった。結婚式の形はいろいろあるのだろうが、ダルマ氏の場合は---先ず初日。ダルマ氏が花嫁宅に伺って挙式。その日は一人で帰宅。その晩、新婦側の(お別れ)パーティーを開いた。翌日2日目。新郎が楽隊を先頭に、正装した家族、親戚等を従えて新婦を迎えに行く。そして夕方ころ二人は一緒に新居へ。この時、一行は踊りながら新居まで行進。3日目。新郎の縁者が集Photo_597まり新郎宅で披露宴。4日目。パーティー。日本で言う一般的な披露宴。新婦はただヒナ壇に座ったまま、贈り物を受け取っていた。

 パーティーは、新婦側の時は映画館を改造した会館で、新郎・新婦が一緒の時は、新郎宅の中庭にテントを張り、4階建てのサキヤ家の外壁に祝福のイルミネーションを飾っていた。 元駐日ネパール大使夫妻も顔を見せていた。ビノッド氏の場合は、末っ子ということもあり、簡素に行われると思う。ダルマ氏の挙式は2005年2月18日。結婚式風景を紹介する---。

« ユニバーサルサービス料 | トップページ | 土筆(つくし)御膳 »

コメント

お久しぶりです。斎藤さんの、お知り合いに、本日 お会いしました。市議会議員の、木村信市さんに、やはり カメラとの、出会いで、国府津小学校の前の、喫茶店です。選挙も、近く 皆さん、大変みたいですね。マスターも、カメラ、タンゴ マイセンの 皿 お客も いろいろな 趣味ぉ おもちですね。最近 お会いしていませんね、お元気ですか。バーにも、火曜日に、顔を 出して いますので、時間が、有りましたら、お出でください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カトマンズ 62年ぶりの雪:

« ユニバーサルサービス料 | トップページ | 土筆(つくし)御膳 »